もりもんのまいにちおいしい

まいにちおいしく暮らしたい。料理と食べもの中心のブログです

2016年06月

おはようございます。

「ピリ辛中華おこわ風炊き込みご飯」を作りました。

イメージ 1


材料(4人分)
もち米…2合
水…360cc
焼き豚…100g
ゆで竹の子…80g
生しいたけ…6個
(A)鶏ガラスープの素…小さじ1
   豆板醤…小さじ1/2
   オイスターソース…大さじ1
   酒…大さじ1
   醤油…大さじ1


①もち米はといで、土鍋に入れ、分量の水を加えて、20分つけておく。

②焼き豚、ゆで竹の子、生しいたけは1㎝角に切る。

③①に②と(A)を加え、軽く混ぜ、火にかけ、沸騰させる。
 沸騰したら蓋をして、中火で12分炊き、20分蒸らして出来上がり。


ピリ辛にしなくても美味しいよ。





おつまみは。

豚バラ肉唐揚げ パイナップル酢

イメージ 2


上記の写真とテーブルクロスが違っているでしょう。

実は、上記の写真を撮ったあと、スープをクロスの上にぶちまけました。

2枚、クロスを重ねていたので大変。

すぐに洗わないとシミになるので、すぐに洗濯。

その後、おつまみの写真を撮りました。





イメージ 3


エビのナンプラー炒め、モロッコサラダ、ポテトサラダ、アボカドと酒粕のワカモレ。




イメージ 4


日本の甲州を飲みました。ビールもいいけど、ワインもいいね。




イメージ 5


全体図




わたしが、目黒 碑文谷公園池バラバラ殺人事件の犯人だという夢をみた。

見つかったらどうしようって、ビクビクしている夢。

もちろん、わたしはやってません。

なんだか疲れてしまった。


それでは、今日も一日がんばりましょうね。




☆☆☆下の部分をポチッとしてくださるとうれしいです☆☆☆
↓↓↓↓↓     ↓↓↓↓↓
レシピブログ    Nadia

イメージ 1


おはようございます。

大好きな「牛ごぼうご飯」を作りました。


材料(4人分)
米…1合
もち米…1合
だし汁…320cc

牛薄切り肉…150g
ささがきごぼう…100g
しょうがの千切り…1/2かけ分
(A)しょうゆ…大さじ1と1/2
   みりん……大さじ2
   酒…大さじ2
ごま油…適宜

(B)しょうゆ…大さじ1
   酒…大さじ2


①米ともち米は研いで、土鍋に入れ、だし汁を加え、20分つけておく。

②フライパンにごま油を熱し、一口大に切った牛薄切り肉、ささがきごぼう、
 しょうがの千切りを炒め、しんなりしたら、(A)を加え、水分が少し残る
 ぐらいまで煮る。

③①に②を加え、(B)も加えて、軽く混ぜ、沸騰させる。
 沸騰したら蓋をして、中火で12分炊き、20分蒸らして出来上がり。


イメージ 1


もち米も加えると、やっぱりおいしいね。



おつまみは、

イメージ 2


豆腐ステーキ きのこソース




イメージ 3


チキン南蛮、トマトのマリネ、にんじんのマリネ、さきいかと切干大根の和えもの。




イメージ 4


全体図。そうそう、ポテトサラダと、油揚げとわかめの味噌汁も作ったよ。

こうやって写真に撮ると、全然たいしたことないんだけど、

大変でした。体力消耗した~~。




イメージ 5


嵐の5大ドームツアー開催決定しました。

あ~~。行きたい。それぐらいしか楽しみない。

お願い。当選して。


今週もよろしくお願いします。




☆☆☆下の部分をポチッとしてくださるとうれしいです☆☆☆
↓↓↓↓↓     ↓↓↓↓↓
レシピブログ    Nadia

イメージ 1


おはようございます。

今日もスパイスクッキングです。今回使ったスパイスはバジルです。

「鶏ささみオクラ巻きのトマト煮」を作りました。


材料(4人分)
鶏ささみ…8本(約500g)
オクラ…8本
(A)トマトジュース…150cc
   しょうゆ…大さじ1と1/2
   みりん…大さじ2
GABANバジル…小さじ1
GABANブラックペパー…小さじ1/4
サラダオイル…適宜


①オクラは洗って、ヘタを切り落とし、さっとゆでて、冷ましておく。

②鶏ささみは筋をとり、めん棒などでたたいてのばし、①のオクラを巻く。

③鍋にサラダオイルを熱し、②を巻き終わりを下にして入れ、ころがしながら焼き、
 全体に色が白く変わったら、(A)を合わせたものを加え、GABANバジル、
 GABANブラックペパーも加え、ころがしながら、中火で約10分煮る。
 


イメージ 1


バジル、ブラックペパーをきかせることにより、減塩できました。





イメージ 3


あとは、エル・ア・ターブル最新号にのっていた、パクチーエッグサンド、パルミジャーノエッグサンド、明太子&エッグサンドとサラダを作りました。

サンドイッチでお酒飲むの大好き^^  美味しかったよ。




あ~。寝坊してしまった><

同年代のお友達は3時ごろ目が覚めて、そのまま眠れないなんて言っているのに。

なんで、こんなに眠れるんだろうか?不思議です。

みなさん、優しく、眠れるのは、お若い証拠ですよ、なんて言ってくれるけど、

とっても人生、損した気分になる。

睡眠時間が短ければ、もっといろんなことが出来るのにって、いつも思います。

どうでもいいですね(笑)。


それでは、すてきな週末を!!




☆☆☆下の部分をポチッとしてくださるとうれしいです☆☆☆
↓↓↓↓↓     ↓↓↓↓↓
レシピブログ    Nadia

イメージ 1


おはようございます。

今日もスパイスクッキングです。今回使ったスパイスはホワイトペパーです。

「あさりのチャウダー」を作りました。


材料(7人分)
あさり…700g
白ワイン…200cc
玉ねぎ(小)…1個(180g)
じゃがいも(小)…1個(140g)
にんじん…(小)1本(150g)
無塩バター…20g
薄力粉…大さじ2
牛乳…300cc
生クリーム…100cc
塩…4g
ホワイトペパー…小さじ1/2


①鍋に砂抜きしたあさりと白ワインを入れ、火にかけ、ふたをして煮る。
 あさりの殻が開いたら、汁と身にわける。身のほうは殻からはずしておく。

②玉ねぎ、じゃがいも、にんじんは7㎜角に切る。

③別の鍋にバターを入れ熱し、②を入れ炒める。そこへ薄力粉を入れ、
 全体にまぶしながら、よく炒める。

④③に①の汁を入れ、にんじんが柔らかくなるまで煮る。

⑤④に牛乳、生クリーム、①のあさりのむき身を入れ、再び煮立ったら、
 塩とホワイトペパーを加えて混ぜ、火を止めて出来上がり。




イメージ 1


ホワイトペパーたっぷり使ったので、ちょっとパンチがあって、美味しかったです。

いつもより、ずっと使った塩の量が少ないです。





先週の土曜日、新しいカメラを買ってもらいました。

イメージ 3


今度はキャノンにしました。昨日、やっと取扱説明書を5ページほど読みました。

早く使いこなせるようにしなくっちゃ(汗)。





イメージ 4


2007年に買ってもらって以来、毎日のように一緒だったソニーちゃん。

今までありがとう。




イメージ 5


先週末、頼んでいた「美郷・天野さんの作った徳島産南高梅」が届いたので、梅干しを仕込みました。

昨年は2kg仕込んだけど、今年はその倍の4kgを仕込みました。

うまく出来るといいなぁ。



今日の横浜は天気がイマイチです。買い物に行こうかどうか迷うところです。


それでは今日も一日頑張りましょうね。



☆☆☆下の部分をポチッとしてくださるとうれしいです☆☆☆
↓↓↓↓↓     ↓↓↓↓↓
レシピブログ    Nadia

イメージ 1


おはようございます。

むらせライスさん×レシピブログさんの「雑穀米とお赤飯にぴったり!自慢のおかずレシピのモニタープレゼント企画に参加させていただいてます。



イメージ 2


むらせライス「国内産二十五穀米」1袋
むらせライス「とがずに炊ける 小豆入り無洗米お赤飯」1袋

をいただきました。


二十五穀米に合うおかずということなので、「鶏と野菜の揚げ浸し」を作りました。



材料(4人分)
鶏もも肉…550g
(A)酒…大さじ1
   しょうゆ…大さじ1
片栗粉…適宜
なす(大)…3個
パプリカ…1個
れんこん…200g
(B)めんつゆ(2倍濃縮)…100cc
   すし酢…150cc
揚げ油…適宜


①鶏もも肉を一口大に切り、(A)につけておく。

②①に片栗粉をつけ熱した油で揚げる。

③なすとパプリカは一口大に切り、れんこんは薄切りにして、熱した油で揚げる。

④(B)を混ぜたタレに②と③をつけて出来上がり。

イメージ 3


見た目より、さっぱり。おいしくいただきました。



イメージ 4


二十五穀米を入れて炊いたごはん。香ばしくって美味しかったです。







他には、

イメージ 6


豚肉と豆腐とたまねぎのみそ汁。家族全員、このお味噌汁が大好き。こればかり作ってます。



イメージ 7


卵焼きのカニカマあんかけ



イメージ 8


トマトの冷し煮


イメージ 1


おいしくいただきました。




昨日の海老蔵さんの会見みていたら、涙が出てきました。

過酷な運命だなぁ~。

もう、そっとしておいてあげてって思いました。


それでは、すてきな週末を!!




☆☆☆下の部分をポチッとしてくださるとうれしいです☆☆☆
↓↓↓↓↓     ↓↓↓↓↓
レシピブログ    Nadia

いつもありがとう。

↑このページのトップヘ