もりもんのまいにちおいしい

まいにちおいしく暮らしたい。料理と食べもの中心のブログです

2017年11月

イメージ 1


おはようございます。

イメージ 2
スパイスブログ認定スパイス大使

今月のスパイス大使の活動は、

GABANタイム
     カイエンペパー<パウダー>
     イタリアンパセリ

で「スパイスでお料理上手 ワインと手軽な一皿で家バルを楽しもう♪」です。

GABANイタリアンパセリを使って「さばといろいろお野菜のパン粉焼き」を作りました。

材料(4人分)
さば…(大)1尾
ズッキーニ…1本
なす…3本
トマト…1個
(A)パン粉…大さじ6
   GABANイタリアンパセリ…大さじ2
   粉チーズ…大さじ4
   オリーブオイル…大さじ6
オリーブオイル…適宜
塩・こしょう…適宜

①さばは三枚におろし、一口大に切り、軽く、塩・こしょうしておく。

②ズッキーニ、なすは輪切りにする。トマトは半分に切ってから、薄く切っておく。

③(A)の材料をあわせておく。

④フライパンにオリーブオイルを熱し、①を焼き、とりだしておく。

⑤④のフライパンにオリーブオイルを足し、②のズッキーニ、なすを炒めて、
 塩・こしょうする。

⑥耐熱のお皿に、③のさば、⑤のズッキーニ、なす、トマトを綺麗に並べ、

イメージ 3


 ③を上にのせ、200度のオーブンで約10分、焼き色がつくまで焼く。


イメージ 5


イメージ 6





おまけでいただいた、ハウススパイスクッキングバルメニュー<タコのガリシア風炒め>を使って、タコのガリシア風炒めも作りました(そのまんま、笑)。

イメージ 7


パプリカ、ブラックペパー、パセリ、バジルなどが配合されているので、タコとじゃがいもさえあれば、出来ちゃいます。

簡単にスペインバルメニューが出来ちゃうのがいいわぁ。

イメージ 8






イメージ 9


この日は、他には、鶏肉のカレークリーム煮、バターライス添えを作りました。

バターライスには、冷蔵庫の残り野菜を刻んで入れました(パプリカ、にんじん、たまねぎ、しめじ)。

結局、この日は、このお料理が一番時間がかかったわ。

イメージ 1





新しい場所に引っ越すと物の住所が全然決まりませんね。

何かをしようとする度に、何か物を探すという。

いつか、落ち着く時がくるんでしょうか?

今日も落ち着く日を目指して頑張ります。


わたしのブログを読んでくれてありがとう。感謝してます。





☆☆☆下の部分をポチッとしてくださるとうれしいです☆☆☆
↓↓↓↓↓     ↓↓↓↓↓
レシピブログ    Nadia

イメージ 1


おはようございます。

イメージ 2
スパイスブログ認定スパイス大使

今月のスパイス大使の活動は、

GABANタイム
     カイエンペパー<パウダー>
     イタリアンパセリ

で「スパイスでお料理上手 ワインと手軽な一皿で家バルを楽しもう♪」です。

GABANカイエンペパー<パウダー>を使って「イカのマルセイユ風」を作りました。

材料(2人分)
イカの胴(皮をむいて、お腹をとって輪切り)…1杯分
にんにく(みじん切り)…1片
オリーブオイル…適宜
塩・こしょう…各適宜

(ソース)
たまねぎ(薄切り)…100g
缶詰のトマト…100g
にんにく(みじん切り)…1片
トマトペースト…小さじ1
白ワイン…100cc
GABANカイエンペパー<パウダー>…小さじ1/8
オリーブオイル…適宜
塩・こしょう…各適宜
イタリアンパセリ…適宜


①ソースをつくる。
 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、火にかけ、香りがでたら、
 たまねぎを加えて炒める。

②①にトマトペーストを加えて炒め、カットしたトマトを加えてさらに炒め、
 白ワインを加えて、酸味を飛ばしながら煮る。

③②をフードプロセッサーに入れまわし、あみでこして別の鍋に移す。
 煮詰めて、GABANカイエンペパー<パウダー>を加え、塩・こしょうで味を調える。

④フライパンにオリーブオイルを熱し、イカを焼く。
 にんにくのみじん切りを加えてよくあおって、塩・こしょうで味をととのえる。

⑤④をお皿に盛り、ソースを添え、イタリアンパセリをあしらう。



イメージ 1


ちょっとピリ辛で美味しかったです。スパイスを加えると、魚介の臭みも抜け、
グンと食べやすくなりますね。


↑これは昨日、作りました。わたしにしては時差がない(笑)。

他には、スパゲッティボンゴレとか…。




イメージ 4


おやつは、ラ・マーレ・ド・チャヤの栗のサバランとプリン。

小学生の頃からサバランが好きだったのよね。

その頃から、飲兵衛の素質があったのね。

購入する時に、お酒がかなりきいてますけど、大丈夫ですか?って言われたわ。

誰に言ってるんだよって思っちゃいました(笑)。

それにしても、わたしって料理もスイーツも茶色いッぽいものが好きだなぁ。

地味になってしまった><




今日は、お友達とランチに行きます。帰りが遅くなりそう。

伺うのが遅くなっちゃたらごめんなさい。


わたしのブログを読んでくれてありがとう。感謝してます。





☆☆☆下の部分をポチッとしてくださるとうれしいです☆☆☆
↓↓↓↓↓     ↓↓↓↓↓
レシピブログ    Nadia

イメージ 1


おはようございます。

イメージ 2
スパイスブログ認定スパイス大使

今月のスパイス大使の活動は、

GABANタイム
     カイエンペパー<パウダー>
     イタリアンパセリ

で「スパイスでお料理上手 ワインと手軽な一皿で家バルを楽しもう♪」です。

GABANタイムを使って「焼きさばのマリネ」を作りました。

材料
さば…1尾
にんじん…40g
小たまねぎ…5個
にんにく…1片
白ワイン…150cc
砂糖…小さじ1
塩・こしょう…各適宜
オリーブオイル…適宜
GABANタイム…小さじ1/2


①にんじんは、縦半分に切ってから斜め薄切りにする。小たまねぎは4つに切る。
 にんにくはつぶす。

②さばは三枚おろしにして、適当な大きさに切り、バットに並べ、塩少々を
 ふる。

③フライパンにオリーブオイルを熱し、さばを皮のほうから焼き、
 バットにキッチンペーパーをしいた上にのせておく。
 (この時、出た脂はあとで使うので取っておく)

④漬け汁を作ります。
 鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて火にかけ、香りがでたら、
 小たまねぎ、にんじんの順に加え炒め、③でサバを焼いた時にでた
 脂も加える。

⑤④に白ワインと砂糖を加え、アルコールを飛ばしながら煮詰め、
 野菜がやわらかくなるまで煮て、火をとめ、GABANタイムを加え、
 塩・こしょうで味を調える。

⑥③のさばを容器に並べ、上から⑤の漬け汁をかけ、一日おく。
 


イメージ 1







「嵐にしやがれ」をみていたら、おいしそうなカレーパンが。
主人に「食べたい~」って言ったら、買ってきてくれたよ。

イメージ 4


高久製パン(株)の玄斎カレーパン。

平塚にあるパン工場で作られているパンです。平塚駅前のセブンイレブンでも売っているんですが、そこから数100m先の工場で買うと作りたてを売っているそうです。

おうちまでホカホカだったよ。

焼きたて、揚げたてのパンっておいしいね。モチモチだったよ。


それだけなんですけどね。

わたしのブログを読んでくれてありがとう。感謝してます。

楽しい週末を!!




☆☆☆下の部分をポチッとしてくださるとうれしいです☆☆☆
↓↓↓↓↓     ↓↓↓↓↓
レシピブログ    Nadia

↑このページのトップヘ