5280ブログ
おはようございます。

京セラさんのキッチンサポーターを務めさせていただいてます。
ブログへの掲載義務はないんですが、ブログでも紹介させていただきます。
しみこみシェフを使って、付属のシレピBOOKにのっていた
「ビーフシチュ」を作りました。
【ビーフシチューの作り方】
【材料(4人分)】
牛塊肉…400g
塩…少々
こしょう…少々
薄力粉…適量
小玉ねぎ…8個
にんじん…1本
ブロッコリー…1個
バター…8g
サラダ油…大さじ1
ブイヨン…500ml
赤ワイン…70ml
(A)デミグラスソース…700ml
トマトピューレ…大さじ1
ローリエ…1枚
オレガノ…ひとつまみ
ウスターソース…大さじ1
塩…少々
こしょう…少々

【作り方】
➀小玉ねぎはくし型切りにする。にんじんは皮をむき、棒状に切り面取りをする。
➁ブロッコリーは小房に分ける。
ビーフシチュー➀
③牛塊肉に塩・こしょうをして薄力粉をまぶしつける。
ビーフシチュー➁
④鍋を温めバターとサラダ油を少量入れて、③に両面焼き色をつけ、①を加えてさらに炒める。
ビーフシチュー④
ビーフシチュー⑤
⑤④に赤ワインを加えてアルコール分を飛ばし、ブイヨンを加えて溶きのばし、(A)を加えて20分ほど煮て、②を加えて、フタをして、フタ固定ロックをし、加熱する。火を止めて15分ほど放置する。
➅➄に塩・こしょうで味を調えて、ローリエは取り出す。
⑦スチームバルブを倒し、フタを開け、器に盛りつける。
ビーフシチュー⑨
ビーフシチュー➉
※さらに火にかけて煮詰めるととろみがつきます。
・時短で省エネ調理
ガラスのフタがお鍋にぴったりくっついて密閉状態に。
コトコト煮込まなくても、味がしみこみやすい環境をキープます。
加熱時間が短いから、省エネ調理。
・おいしくプロのような仕上がりに
高圧力をかけたり、長時間煮込む必要がないから、
食材の旨みをそのままに、煮くずれもしにくい。
・使い方もお手入れもカンタン
・便利なガラスのフタ
ガラスのフタだから調理中も中が確認できて便利。
スタンド付きだから置き場所に困りません。
しかも、水滴が端にたまって、台所が
水びたしになりにくい。

*レシピは京セラさんの許可をとってのせてます。

他には
・残り物のマッシュポテトに残り物のミートソースとチーズをかけてオーブンで焼いたもの
5259ブログ
・エビとしめじのアヒージョ
5256ブログ
・ほうれん草のサラダ
5244インスタ
E.ギガル コート・デュ・ローヌ ルージュ シラー
e.gigaru

5280ブログ
おいしくいただきました。

昨日は暑かった。
京都は30℃越え。
マスクをしての外出が苦しくなってきた。
わたしのは、手作りだから余計だ。
使い捨てマスクが適正価格で買えるまでの我慢、我慢。
熱中症に気をつけながら頑張ろう!

わたしのブログにきてくださってありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

↓押してくださるとうれしいです。

Instagram