もりもんのまいにちおいしい

まいにちおいしく暮らしたい。料理と食べもの中心のブログです

カテゴリ: 洋食

1556ブログ
おはようございます。
「ハニーマスタードチキン」を作りました。
【ハニーマスタードチキンのレシピ】
【(材料4人分)】
鶏もも肉…2枚(700g)
塩…小さじ1
ブラックペパー…少々
小麦粉…適量

(A)はちみつ…大さじ4
粒マスタード…小さじ4

オリーブオイル…適量

【作り方】
①鶏もも肉は、1枚を2等分に切り、
塩・ブラックペパーをふり、小麦粉を全体にまぶす。
②(A)の材料を合わせておく。
③フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏もも肉を皮目から焼く。
皮目にしっかり焼き色がついたら、返して、
ふたをして蒸し焼きにする。
④③をお皿に盛り、②のソースをかけて出来上がり。


最近、はちみつをいただけることが多くて
はちみつを使ったお料理をよく作ります。
oPortRTYd6RXrPk1610943646_1610943699
この三重県松阪市で作られている蜂蜜、
雑味がなくて、めっちゃおいしいのよ。
200gで1500円ぐらいするの。
ちょっと買うのに勇気のいるお値段なだけに
いただけるのがとってもうれしい。

これで、ハニーマスタードマヨを作ると
またまためっちゃおいしい。
0522ブログ
ハニーマスタードマヨの分量はこちら↓
はちみつ…大さじ1と1/2
   マヨネーズ…大さじ5
   粒マスタード…大さじ3

まぜるだけ。

粒マスタードはポメリーが好きなんだけど、
瓶が大きすぎる(500g)
ソーセージは大好きだけど、
毎日食べるわけじゃないので
あの量、使い切るのは大変。
というわけで、マイユの使ってます。

28qrBEzYVp06n0h1610943774_1610943813
量が少ないので冷蔵庫の中に入れておいても
じゃまにならない。


話は変わりますが、レトルトのカレー
ちょっとだけ残っていることありませんか?
ワンボウルで電子レンジで
「野菜のカレー煮」作りました。
1668ブログ
ベーコンとキャベツとパプリカと
れんこんで作ってます。
冷蔵庫の野菜の整理にもってこいです。

おいしくいただきました。


昨日、せっかちの話をしたが、姪っ子ふたり、同じ親から生まれているのに両極端。
わが家に遊びにきていて、ママ(姪っ子の)が「そろそろ帰ろうか」と言ったと思ったら、
わたしの母似でせっかちな下の姪っ子は、
玄関に自分のリュックをしょって、靴まで履いて待ってる。

お姉ちゃんのほうは、のろのろトイレに行きだす。
下の姪っ子の運動会へ行った時のこと、帰ろうとみんなで歩きだしたら、お姉ちゃんのほうが
トイレに行くという。
「今まで、行く時間がなんぼでもあったのに、今頃」とじいちゃんに怒られてた。
幼い頃のわたしを見ているみたいだ。
亡くなった父がいつも笑いながら何度も語っていた話があるのだが、
わたしの運動会を家族で見にきていた時のこと、
父の話では「ヨーイドン」のピストルが鳴って

3秒後にわたしはスタートしていたらしい。
なんてどんくさいんだ。あ~、恥ずかしい。
人間、いくつになっても変われると思っている。
やっぱり今年はせっかちなもりもん目指します。

ずっとひきこもってましたが、
今日は、病院へ行ったり、いろいろ野暮用を
すまさなくては。
みなさまへの訪問、遅くなっちゃたら
ごめんなさい。


わたしのブログにきてくださってありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

↓押してくださるとうれしいです。


Instagram

1784ブログ
おはようございます。
2020年度のスパイスアンバサダーをさせていただいてます。

「ハウス食品さん×レシピブログさん」のモニターコラボ広告企画に

参加させていただきました。

スパイスをモニタープレゼントしていただきました。
今月の投稿テーマは
「スパイスで好き嫌い解消チャレンジ!
苦手な食材を美味しく克服しよう♪<味覚が育つレシピ編>」です。
うちの主人は、芋と豆が嫌いなんですよ。
お豆をおいしく食べてもらいたくて、
「ひよこ豆とお肉の煮込み」を作りました。

【材料(3人分)】
よこ豆(乾燥)…100g
豚バラ肉(塊肉)…400g
鶏手羽先…8本
ソーセージ(太くて大きいもの)…4本
にんじん…1本
玉ねぎ…1個
キャベツ…1/4個
コンソメスープの素…2個
塩・こしょう…適宜
GABANクミン(パウダー)…大さじ1

【作り方】
①ひよこ豆は、一晩、たっぷりの水に浸けておく。
②野菜は皮をむき、大きめに切る。豚肉も大きめにカットします。
③鍋に、ひよこ豆と水2ℓを入れて火にかけます。
ときどきあくをとりながら煮ます。
④1時間ほど煮たら、豚肉と鶏骨付きもも肉、ソーセージ、
固形スープの素を加え、あくをとりながら煮ま
す。
⑤1時間ほど煮たら、にんじん、玉ねぎ、キャベツを加え、煮ます。
⑥30分ほど煮たら、クミンを加え、塩・こしょうで味を調えて出来上がり。
スパイスで好き嫌い解消料理レシピ
スパイスで好き嫌い解消料理レシピ  スパイスレシピ検索

1784ブログ
途中、お水が少なくなったら
お水を足しながら作ってくださいね。
クミンの風味、大好き。
おいしくいただきました。



豚のマスタードソース 正解
「豚肉のマスタードソース」
ビストロのレシピ。
ワンボウルで本格的フレンチができちゃうなんて。


おまけのおやつ
p4q6iIefefXPA6W1610234166_1610234238
ヴィタメールの
フレーズ・ド・ヴィタメールと
モンブラン
ひきこもり生活中
甘いものに癒される。

絶賛、ひきこもり中。
しかも、ほとんど炬燵に入っている。
たまにトイレと
夕食を作るために出るだけ。
家にいると、ずっと食べてるし。
太るわけだ。
今朝、鏡をみたら
顔が大きくなっていた。
それだけなんですけどね。


わたしのブログにきてくださってありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

↓押してくださるとうれしいです。


Instagram

1612ブログ
メリークリスマス
みなさん、クリスマス楽しんだでしょうか?
昨日のわが家の晩ごはんです。
・鶏骨つきもも肉の照り焼き
・サーモンソテー ほうれん草クリームソース
フェットチーネ添え
・カマンベールとブロッコリーとソーセージのアヒージョ
・オードブルいろいろ
・サーモンのタルタル キャビア&そば粉のブリニ添え
・カマンベールチーズのアヒージョ
・パン

主人が、しょうゆ味の鶏骨つきもも肉が食べたいというので
作りました。

昭和の男ってそんなもんですよね。
1608ブログ
【鶏骨つきもも肉の照り焼き】
【材料(2人分)】
鶏骨つきもも肉…2本(約600g)
しょうゆ…大さじ1

(A)水…50cc
しょうゆ…大さじ2と1/2
みりん…大さじ3
砂糖…大さじ2

サラダ油…適量

【作り方】
①鶏骨つきもも肉は骨にそって切り込みを入れる。
しょうゆ(大さじ1)を塗り、10分置き、下味をつける。
②フライパンにサラダ油を熱し、鶏骨つきもも肉を
焼き目がつくまで焼く。
③②に(A)を混ぜたものを加え、ふたをして、
表裏返しながら、焼く。


サーモンソテー ほうれん草クリームソース
フェットチーネ添え
1609ブログ
鍋にたまねぎのみじん切りと白ワインを入れ、
それを半量以下になるまで煮詰め
生クリーム、ほうれんそうの葉を加え、
塩・こしょうで味を調えたら出来上がり。
このクリームソースが美味しかった。
ソース多めに作って、
フェットチーネ絡めながらいただきました。


カマンベールチーズとブロッコリーとソーセージのアヒージョ
1606ブログ


オードブル
1588ブログ
ポールボキューズのお惣菜を並べただけ


パン
1613ブログ
ポールボキューズの白いチーズパンと
ベーコンエピ

今年のクリスマスは、いつもお取り寄せしているピザの姉妹店で
ピザ、パエリア、アヒージョ、パテカン他を
お取り寄せしようと思っていたのに、
のろのろしているうちに、配送がクリスマスまでに
間に合わないことが判明。
今年のクリスマスは地味だなぁって思っていたら、
なんと、
なんと、
23日の日にキャビアが届きました。
1572ブログ
というわけで、
サーモンタルタル、キャビア、そば粉のブリニ添えを
作りました。
1605ブログ
キャビア1缶、いっぺんに初めて食べた。
美味しかった。



シャンパンいつあけるの?
1619ブログ
今でしょう。



1614ブログ


1616ブログ

1612ブログ
おいしくいただきました。


今年は、この記事が最期になりそうです。
時間があったら、あと一回ぐらいUPしたいのですが、
たぶん無理でしょうね。

今年の年頭の目標が
「YouTubeにダンス動画をあげる」というものだったので
(料理動画もライフスタイル動画もついでだよ)
それが達成できて、
とっても充実した一年になりました。
あっ、わたしのダンス動画をみようなんて、
そんな、もの好きな人いないと思いますが、
検索しようと思っても無理だよ。
YouTubeって、かなり視聴回数が多い動画じゃないと
検索にひっかからないのよ(笑)。
わたしのブログももう10年以上になります。
いつも、見てくださってありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。
いいお年を!
ありがとう。


わたしのブログにきてくださってありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

↓押してくださるとうれしいです。


Instagram

1399ブログ
おはようございます。
JA全農ふくれんさん×レシピブログさんの

福岡クッキングアンバサダーを
させていただいてます。

博多な花をいただきました。
TzJgqEg3EezTHdU1608116755_1608116790

「な花とベーコンの皮なしキッシュ」を
作りました。
【な花とベーコンの皮なしキッシュのレシピ】
材料(直径17㎝のスキレット2台分)】
博多な花…1袋(約150g)
ベーコン(ブロック)…100g
バター…10g
塩・こしょう…各適宜

(A)生クリーム…200cc
   卵(L玉)…4個
     塩・こしょう…各適宜

とけるタイプのチーズ…100g

【作り方】
①博多な花はゆでて、食べやすい大きさに切る。
②ベーコンは棒状に切る。
③フライパンにバターを熱して、ベーコン、な花を炒め、塩・こしょうをふる。
④ボールに(A)を入れ混ぜる。
⑤スキレットに③を並べ、④を流し入れる。
 上にチーズをのせ、180℃に予熱したオーブンで約25分焦げ目がつくまで焼く。

1399ブログ
博多な花、ちょっぴりほろ苦でおいしい。
とろっとろのキッシュもおいしかった。
動画を作ったのでみてください。

チャンネル登録(無料)していただけると嬉しいです。
     よろしくお願いします。
     https://www.youtube.com/channel/UCKJomQQR2O3a_DkZYhBJVew

キッシュは11秒からです。


鯛のカルパッチョ、キウイソースも食べたよ。

1429ブログ
後ろにちょっと写りこんでいるけど
いちごのサラダも食べました。
いただきもので、まかなってます。
ありがたや。ありがたや。
福岡クッキングアンバサダー
福岡クッキングアンバサダー


おまけの朝ごはん

jxiLuw0d0hkkrAI1608248131_1608248198
ポールボキューズの白いチーズパンとあんぱん
この白いチーズパンがチーズたっぷりで
生地ももっちもちでめっちゃ美味しい。
最近は朝ごはんじゃなくて夜食べてる。
ワインに合うのよ。
最近のヒットだわ。

年末に向け、いよいよ、めっちゃ忙しくなってきました。
果たして、横浜に帰るまで
終わることができるのか!
がんばります!
今週もよろしくね。


わたしのブログにきてくださってありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。
↓押してくださるとうれしいです。


Instagram

0406ブログ
おはようございます。
ありがたいことに、コーン缶を24缶もいただいちゃって、
毎日「コーン缶」を食べてます。
【コーンと焼き豚のピザのレシピ】
【材料(直径21㎝のピザ一台分】
ピザクラフト…1枚
ピザソース…大さじ3
ピザチーズ…70g
コーン(缶詰)…120g
焼き豚…70g
マヨネーズ…適量
刻みのり…適量

【作り方】
①焼き豚は食べやすい大きさに切る。
②ピザクラフトにピザソースを塗る。
③ピザチーズをのせ、その上にコーンをのせる。
④焼き豚をのせる。
⑤200℃のオーブンで約10分、
チーズがとろ~りするまで焼く。
⑥マヨネーズをかける。
⑦刻みのりをかける。
0387ブログ
コーンが好きじゃない主人も大好きなピザ。
おいしいよ。


コーンとほうれん草とベーコンの炒めもの
0377ブログ
【コーンとほうれん草とベーコンの炒めもののレシピ】
【材料(2人分)】
コーン(缶詰)…120g
ベーコン(ブロック)…60g
ほうれん草…170g
バター…20g
塩・黒こしょう…各適量

【作り方】
①ベーコンは棒状に切る。
ほうれん草は食べやすい長さに切る。
②フライパンにバターを入れ熱し、ベーコンを炒める。
③ほうれん草を加え炒める。
④コーンを加えて炒め、
塩・黒こしょうで味を調えて出来上がり。

料理ってほどのものじゃないけど、
うちの主人は、こういうシンプルな料理が
好きみたいよ。


チャンネル登録(無料)していただけると嬉しいです。
     よろしくお願いします。
     https://www.youtube.com/channel/UCKJomQQR2O3a_DkZYhBJVew



鶏のバスク風
0403ブログ

ワンボウルでしかも電子レンジだけで作りました。

0406ブログ
おいしくいただきました。
幸せ。
ありがたや。ありがたや。


シゲ(NEWS加藤シゲアキ)が直木賞候補に
直木賞もしとれなくても
候補になっただけでもすごい。
シゲ、おめでとう。


3日連続、寝坊。
わたしの年になると眠れるって
ありがたいことだけど、
暮れの忙しい時期にグータラすぎる。
来週からは気を引き締めて頑張らなくちゃ。

楽しい週末を!

わたしのブログにきてくださってありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。
↓押してくださるとうれしいです。


Instagram

↑このページのトップヘ